目標達成について

こんにちは、オフリールの石井です。

7月の月末締め日ですね。(31日は火曜日で、美容室が定休日の所が多いので、30日の今日が月末締め日の所が多いです。)

各店、毎月の目標を立ててます。今月も達成した店舗とそうでない店舗と色々です。

目標項目は、①売上額、②新規客数、③既存客数で、結構シンプルにしています。

ネイルサロンの「7月」は、一年で最も売上が上がる月です。夏は足の爪をネイルやケアしたい方がいるので、ネイル需要が大幅に増えるからです。

ですので、いつもより売上が上がるのは予想できますが、「目標達成」かどうかは別です。

当社は、ネイリストさん自身に目標設定してもらいます。自分で立てた目標の方が、やらされ感なく自分事になるからです。

で、目標達成できた時は、とにかく嬉しいですね。

ネイリストさん、本部スタッフさんと一緒に大喜びします。ライン上でも喜びメッセージを入れます。

目標達成できた人って、やっぱり何かしら頑張ったからだと思うんです。

もちろん、甘めに目標設定してる方もいますが、全く何も意識しないで達成は難しいはずです。

繰り返すと、だんだんと目標の立て方の精度が上がって来ます。甘すぎず、無謀すぎず。

チャレンジしたくなるちょうど良い目標設定がわかってくるみたいです。

で、それを達成した時は本当に嬉しいし、自信につながります。

自信をつける秘訣は、小さな成功体験の積み重ねだときいた事がありますが、正にそれだなと思います。

その、達成・未達成を経験したうえで、

なぜ達成できたか?できなかったか?次月も達成するにはどうするか?良かった事や改善する事を考えてもらいます。

繰り返す事で、どんどん目標達成する力がついてきますね。

「目標達成能力」これは本当に役に立つスキルだと思います。生きていく上で、何にでも応用できるのではないでしょうか。

いずれにしても、目標達成の喜びを分かちあえるスタッフさんを、一人でも多く増やして行きたいと思ってます。

キッズルームをご利用の方

毎週日曜日は、キッズルーム担当で出勤します。

ネイリストでない私がサロン内で勤務できるので、結構活用しています。

スタッフさん達と話ができたり、現場の様子を肌で感じられるので、良いですね。

7、8月は夏休みになるので、キッズルームご利用のお客様は一気に増えます。

今日は新規のお子様連れの方が二組ご来店でした。

大事な事は、①キッズ担当の自己紹介と、②キッズルームを見て頂く事、そして③どういう形でお子さんを預かるかを説明。(当店は、お子さんに自由に遊んでもらって、それを見守るスタンス)

ウェブサイトで内容は見て来ていますし、事前に電話で説明もします。

それでも初めて我が子を預ける場所は、心理的に不安は大きいです。特に小さいお子さんの場合なおさら。

通常のご新規様以上に、初めてのお店に不安を持ってご来店される方が多いです。

最初に、見て聞いて頂く事で少しでも不安解消になれば良いですね。

サロンの引っ越し

こんにちは、オフリールの石井です。

自社の主力サービスの一つで、美容サロンの中にミニネイルサロンを運営する、「ショップ イン ショップ」があります。

ネイルサロンの開業は、美容室と比べると比較的簡単ではあります。(水回り工事や、シャンプー台など大掛かりな設備が無いため)

しかし、個人(1名)で開業となると、さらにコンパクトな開業スタイルが求められます。

テナント契約をするなら、一人サロンよりもスタッフの力が必要になって来ます。(もちろん家賃、サロン単価、カリスマ性にもよりますが)特に都内は家賃が高いので、余計にチームサロンにする必要があるのではないでしょうか。

反対に、本気でスタッフ育成や顧客集めをし続ける覚悟があれば、テナントサロンはとても面白いと思います。今後チャレンジしたい分野でもあります。

ショップインショップのスタイルは、そういった意味で、個人のネイリストとして結果を出しやすい形だと考えます。

 

さて、ショップインショップの引っ越しの話です。

例えば、場所を提供してもらっている美容サロンが無くなってしまう場合です。

どの美容サロンも、経営していけば色々な事があります。

拡張移転であれば、そのまま一緒に引っ越す事も良いですが、縮小移転により、ネイルスペースがなくなるケースや、

中には、サロン自体が閉店するケースもあります。

業績低迷や、最近ではスタッフが足りなく閉店などもあります。閉店の知らせは突然くる場合もあります。テナントの解約準備などスムースに行くと、早くて2〜3ヶ月後に閉店、なんてケースもあります。

ネイルは、特にお客様に次回予約を促す事が多いです。急に働く場所がなくなるとあせりますね。

閉店の知らせをもらって、2〜3ヶ月で引っ越し先を探すのは大変です。

偶然見つかれば良いですが、良さそうな場所はアンテナ張って置いても良いですね。美容サロン以外にも、一時的に借りられる時間貸しシェアサロンもあります。引っ越し先が決まるまで、お客さんはそこに来てもらうのも良いですね。

私たちとしては、美容サロンのネットワークを駆使して、近くの良いサロンを全力で探します。

閉店の場合は、ネイル顧客がついているケースが多いので、ネイルスペースを積極的に提供してくれやすいです。

だから、お客様を持っている事は強いんです。ネイリストさんはコツコツと自身の顧客創造(ファンづくり)する事が、こういった時に受け入れ先は多いです。

やはり個人ネイリストさんは、ファンづくりが財産だと思います。

話を戻すと、ショップインショップでは、万が一引っ越しを余儀なくされるケースもあり得る、という事ですね。

その時にファンづくりができていると、引っ越し先は見つかりやすいです。そして、引っ越し先開拓は弊社にお任せください。

利益を出しやすいサロンへ

こんにちは、オフリールの石井です。

他業種の方達と学んだ3日間の経営勉強会、最終日。早く実践でやりたい事だらけですね。

勉強会でインプットした事を実現するには、スタッフさんの協力が絶対必要です。

なので、まずはサロンの利益を出しやすくする「体質」にするために、

スタッフさん達と「学んだ事のシェア」からはじめます。

「なぜ利益を出さなければいけないのか?」「なぜ無駄な経費を減らすのか?」

を話し合います。

利益を生み出す体質があるお店は、

お客様の満足、スタッフさんの働きやすさ、良い給与、スタッフさんの成長、お客様を飽きさせない工夫、など良い事にお金を投資できます。

ますます良いお店になる「好循環」がつくれます。

当たり前かもしれませんが、利益を出せるサロンは、良い事だらけです。

経費削減の考え方

こんにちは、オフリールの石井です!

今日は、異業種の方達と一緒に経営研修二日目です。

サロン経営(サロンだけではないですが)には欠かせない、経費をどう減らすか? がテーマです。

サロン経営の主な経費はほぼ人件費。あとは家賃、広告宣伝、材料、減価償却、その他諸々、、、

経費削減の考え方って、直接的に支出を減らすだけでなく、

作業効率を高めたり、施術スピードを早めたりと、

いわゆる「生産性」をあげる事も、結果的には経費削減(無駄をなくす)につながる意味合いと感じられました。

お店を切り盛りする場合、生産性は意識すると思います。私も生産性については色々と本を読んだり、教えてもらったりしました。美容のような労働集約産業は「人時生産生」が特に大事で、パートさんや時短社員さんにも、この人時生産性を見る事で、正当に評価できると思います。

 

でもこういった概念て、スタッフさん達とどう共有するか、悩む事ありませんか?

現場で一生懸命働いでくれるスタッフさん達に、生産生を上げルために効率良く、スピーディに施術してください。と伝えるのも、「やるのは現場だし、。という事もあります。

一緒に参加した女性スタッフさん達は、この経費削減テーマで、

日報を書く事が楽になる、レジ閉めが簡単になる、掃除がラク、ネイルサンプルチップを並べるのが楽、お湯入りの想いフットバスを運ぶのが楽、、、、

そういった事は経費削減になりますね、と話していました。

曰く

「ストレスが溜まると、無駄に通販で買い物したり、過剰に飲み食いしたりして、経費がかかりますよね!ストレス溜まらないと、そういう事が無くなって、経費削減ですね!」と。

それは自分次第では、、、と突っ込みたくなりましたが、

よく考えると、職場の「ストレスが減る」という考え方は、経費削減、生産性をあげる事に直結しているし、

現場のスタッフさんに考え方を伝えやすいなと。(共感してくれやすいかも)

個人的にですが、良い気づきをもらったと喜んでおります。

異業種の方と勉強会

こんにちは、オフリールの石井です。

今日から3日間、異業種の方達と一緒に、経営の勉強をします。

たまにこういう所に行って、様々な方と話をして情報をインプットするのですが、個人的に人と話をしてのインプットは楽しいです。仕事に活かせる事も多いですしね。

経営の勉強といっても、内容は幅広いです。

顧客の創造、維持、財務、経営目的、人材育成、マーケティング、、、、きりがない。しかも答えはないですしね。

様々な業種の方が、自身の課題を明確にして(予想を立てて)、解決策(これも予想)をやってみる。で結果に対してまたやってみる。

そんな取り組みと成果を共有する場なので、リアルな情報交換ができて楽しいです。

今回は、各業種における外部環境はどう変化しているか?を話しました。

 

その中で、運送屋さんと、住宅メーカーさんの話は、なるほどと思いました。

 

ちなみに、「人不足」と「働き方改革の影響」はどこの業種も出ましたね。(人不足は、特に中途採用が取りずらくなっています。)

運送屋さんと話をした所、ドライバー不足に加えて、働き方改革で、長時間労働を禁止する動きが活発になり、配達する時間が制限されて来たそうです。

夜間運転や長距離運転は、しっかりと交代要員が必要なので、人不足だとそれができずらいとの事。

最近は荷物が翌日届かない事も出てくるみたいですね。(そういえば通販で買った物のが出荷後3日かかってました)

運送屋さん毎に、「得意分野」と「得意エリア」を絞って、そこでは十分満足してもらうサービスを展開。逆に余計な仕事を受けない様にしたり、テクノロジーの導入で無駄を省く工夫で、成果を上げているそうです。

 

住宅メーカーさんからは、子供へのお金の集まりの話ですね。良い傾向だなと思いました。

少子化により、一人の子供に対して、両親とその両親がお金をかける(6ポケット)事が言われていますが、

実際に子供向けサービスは、調子が良い様です。

子供にやさしいをコンセプトにした住宅つくりは、単価を落とす事なく良い物を提供しやすくなったとの事。別な話ですがランドセルも高い物が売れてますしね。

 

私たちの美容業にも活かせそうですね。

慢性的な人不足に加えて、働き方改革。

営業時間を長く取れなくなる中でやっていくには、美容でも「得意分野」「得意なお客様」を絞って、そのお客様たちには最大限価値を感じてもらえる様にする。それ以外の余計な事は受けない。

あと子供向けの何か、、。

異業種勉強会の1日目、まずは良かったです。

保育スタッフの日

オフリールの石井です。

日曜日は、あざみ野店のキッズルームで、保育担当の日です。

うちのキッズルームは、1歳〜何歳でもご利用OKとしてます。

なので、色々な年代のお子さんが集まります。

日曜日は比較的小学生も遊びにきますね。学校がお休みなので。

で、今日は2歳の男の子と、小4の女の子、小2の女の子2名の合計4名が同じ時間帯にキッズルームに遊びにきました。(ママのネイル・マツエクをしている間)

やはり女の子は、母性があるのでしょうか。

お姉さん3人とも、2歳児の面倒を見たがりますね!とても可愛がります。

 

日本て、こういった年が離れた子供同士が遊ぶ機会って、意外と少ない様に感じます。

娘が通っていた保育園は、「縦割りクラス」といって、学年違いの子達がクラスメートになっていました。とても良い制度だなと思ってましたが、

小学生と保育園児の組み合わせは、あまり見かけないですね。

小学生くらい物心ついた時に小さい子供と触れ合う体験って、とても教育に良い事だと感じます。

 

あざみ野のキッズルームは、そういう機会にもなる様に、来たお子さん同士、なるべく遊ばせてみようと思った日でした。