経費削減の考え方

こんにちは、オフリールの石井です!

今日は、異業種の方達と一緒に経営研修二日目です。

サロン経営(サロンだけではないですが)には欠かせない、経費をどう減らすか? がテーマです。

サロン経営の主な経費はほぼ人件費。あとは家賃、広告宣伝、材料、減価償却、その他諸々、、、

経費削減の考え方って、直接的に支出を減らすだけでなく、

作業効率を高めたり、施術スピードを早めたりと、

いわゆる「生産性」をあげる事も、結果的には経費削減(無駄をなくす)につながる意味合いと感じられました。

お店を切り盛りする場合、生産性は意識すると思います。私も生産性については色々と本を読んだり、教えてもらったりしました。美容のような労働集約産業は「人時生産生」が特に大事で、パートさんや時短社員さんにも、この人時生産性を見る事で、正当に評価できると思います。

 

でもこういった概念て、スタッフさん達とどう共有するか、悩む事ありませんか?

現場で一生懸命働いでくれるスタッフさん達に、生産生を上げルために効率良く、スピーディに施術してください。と伝えるのも、「やるのは現場だし、。という事もあります。

一緒に参加した女性スタッフさん達は、この経費削減テーマで、

日報を書く事が楽になる、レジ閉めが簡単になる、掃除がラク、ネイルサンプルチップを並べるのが楽、お湯入りの想いフットバスを運ぶのが楽、、、、

そういった事は経費削減になりますね、と話していました。

曰く

「ストレスが溜まると、無駄に通販で買い物したり、過剰に飲み食いしたりして、経費がかかりますよね!ストレス溜まらないと、そういう事が無くなって、経費削減ですね!」と。

それは自分次第では、、、と突っ込みたくなりましたが、

よく考えると、職場の「ストレスが減る」という考え方は、経費削減、生産性をあげる事に直結しているし、

現場のスタッフさんに考え方を伝えやすいなと。(共感してくれやすいかも)

個人的にですが、良い気づきをもらったと喜んでおります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です