高校生採用が成功しやすい企業について

オフリールの石井です。

福岡支社では、新卒採用向けの企業求人広告を作っています。

特に、美容サロンの求人広告をたくさん作って来たので、

女性社員の目にとまりそうなデザインが得意だと、気がつきました。

 

 

それは置いておいて、

人不足の昨今、求人広告はどの企業も作っています。

それだけではなかなか人が来ませんから、

給与を増やしたり、休日や福利厚生を充実させたり、社員同士の仲の良さや、仕事のやりがいをアピールする様になっています。

新卒採用の場合、学生さんがそういった情報をみて、興味をもった後、その企業を調べる傾向にあります。

それもかなり徹底して。

 

先生の指導もありますが、

そもそも求人広告の内容を全部は信用していない、というのもありますね。

入社したあとで、『求人広告に書いてある事と違う』からと辞めてしまう事もよく聞く話です。

よくあるSNSやウェブの口コミも、参考程度ですね。いくらでも口コミはつくれるので。

 

就職課の先生が、求人企業に対して重視する事は、

実際に生徒が「辞めないでいる事」。

大事な生徒が、社会人になって一生懸命働いて、立派に成長していってほしい、と思っています。

実際に働いてみないと、求人広告に書いてある事とのギャップはあります。

だからこそ、何人も生徒が就職し、辞める事が少ないという実績ある企業の方が、安心して生徒を紹介できます。

初めて求人票を提出する企業は、紹介を後回しにされる事が多いです。学校の先生が紹介しやすい企業は、まずは採用した生徒が辞めずらいという「実績」だと考えます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です