映画 寄生獣を見て

こんばんは。

アマゾンプライムで、映画「寄生獣」を見ました。

私は漫画で連載していた時に、めちゃめちゃはまっていました。当時高校生くらいかな。

人気漫画の実写映画化は難しいと言われていますし、実際口コミを見ると、そんな感じなのかなと思って見ました。

個人的には良かったですねー。泣けた。

深津絵里さん演じる、寄生生物の田宮良子がすごいですね。

寄生生物役なので、無表情。

結構好きな女優さんなのに、めちゃ怖いです。本当に「昆虫」と同じ、感情のない生物ってこんな感じなんだなと思いました。

ただ、それは初期の話。

物語の後半に行くにつれて、母性が生まれてきて、人間らしい表情も出てきます。

漫画を見ていた当時は、子供もいませんでしたが、今改めてみると、田宮良子のの感情の動きや行動に共感した自分がいました。

寄生生物だけど。

漫画でも残虐シーンが多く、実写だとそれがさらに際立ちます。

むやみにお勧めする映画でもないのかも知れません。

でも、昔漫画にハマった人は、大人になってみるとまた違った良さが見えると思うのでお勧めです。

エンドロールの映像は、ミギーの精神世界なのかなー。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です