毎月の集計業務について

今年は特に数字を入れ込む事が多いですね。
毎月の売上や経費など。

スタッフのみなさんが、業務の効率化運動でどんどんやり方を工夫してくれて、去年よりはだいぶ簡単にはなりました。

この先店舗も増えるし、まだまだ効率化する要素はありそうなので、取り組みは継続。

まだシステム導入するほどではないですが、ウチにあうソフトがあれば導入したいですね。

ただ、集計業務の良さとしては、

お店一軒一軒に向き合える事ですね。
売上だけでなく、リピート数、次回予約数、新規数、年間通して伸び具合など。

数字から色々な課題が見えてくるので、手打ちもありですね。

次回予約数が高いところは、閑散期である10月に、売上があまり落ちないです。

閑散期は新規は入りずらいので、いつも通りの広告ではなく、売り先を変えるなど工夫が必要ですが、これといって打開策が無いのが現状です。
(何か良い方法があれば聞いてみたいです。)

地道に顧客満足の積み重ねが一番でしょうね。

ネイル&マツエクの日

11月11日はネイルの日ですね。

数字が指先に見えるとか、NAILの字に1111と同じに見えるとか諸説ありますが、

結構前からあった気がします。

話のネタに朝礼でシェアしたら、スタッフさんが色々調べてくれて、

なんと、『まつ毛の日』でもあるみたいでした!

「11 11」がまつげに見えることにちなんで、美容メーカーさんが認定したのだとか。

ウチも含め、ネイル&アイラッシュサロンは多くありますが、

この二つが同じ記念日に設定されているとは知らなかったです。

他にも調べると、ポッキーの日や肉まんの日など、メーカーが広報的に設定している様です。ポッキーの日などは比較的認知されていて、売上に繋がっているのではないでしょうか。

こういった記念日みたいなもの(キャンペーンやオススメの理由になる)は、お客様も購入のハードルが下がるので、意図的に設定も良いですね。

実際に当店は、11月11日はネイル&マツエク同時施術が、いつもより多く出ました。(偶然だと思うけど)

予約の無断キャンセルについて(ネイルサロン)

ネイルサロンは、飲食などと同じく、
予約の無断キャンセルが一番痛いです。

飲食の様に、食材を用意したりはないですが、

約2時間、ネイリストが時間を空けて待機してますし、
そのお客様に合わせた事前準備や、他のお客様を断ってその時間を空けているからです。

なので、売上が0になるだけでなく、待機しているネイリストの人件費、本来見込んでいた別なお客様の売上、家賃、その他経費、全て無駄になってしまいます。

ポータルサイトのウェブ予約が増えた影響で、キャンセルする事に申し訳ないという感覚が薄れたとも言われています。

うちもその傾向は感じていて、

対策として、予約3日前には連絡を入れたり、
キャンセル料が発生することをお伝えしたりと、様々な工夫をする事で
無断キャンセルを減らす努力をしています。

最近になって、飲食店での無断キャンセルは良くないという認識が広がってきた様に思います。

飲食は、せっかく用意した食材が無駄になってしまうので、その事を業界全体で伝える様になっていますね。

宴会の当日キャンセルは100%料金を頂いたり、席だけでも50%キャンセル料が発生するというのを、業界全体でルール化してきています。

キャンセルする方は、致し方なくキャンセルや、もともと悪気は無いという方がほとんどだと思います。

なので、飲食業界の様に、理由をしっかり伝えて行けば(業界全体で)、認知もされてくるのだと考えます。啓蒙活動ですね。