予約の無断キャンセルについて(ネイルサロン)

ネイルサロンは、飲食などと同じく、
予約の無断キャンセルが一番痛いです。

飲食の様に、食材を用意したりはないですが、

約2時間、ネイリストが時間を空けて待機してますし、
そのお客様に合わせた事前準備や、他のお客様を断ってその時間を空けているからです。

なので、売上が0になるだけでなく、待機しているネイリストの人件費、本来見込んでいた別なお客様の売上、家賃、その他経費、全て無駄になってしまいます。

ポータルサイトのウェブ予約が増えた影響で、キャンセルする事に申し訳ないという感覚が薄れたとも言われています。

うちもその傾向は感じていて、

対策として、予約3日前には連絡を入れたり、
キャンセル料が発生することをお伝えしたりと、様々な工夫をする事で
無断キャンセルを減らす努力をしています。

最近になって、飲食店での無断キャンセルは良くないという認識が広がってきた様に思います。

飲食は、せっかく用意した食材が無駄になってしまうので、その事を業界全体で伝える様になっていますね。

宴会の当日キャンセルは100%料金を頂いたり、席だけでも50%キャンセル料が発生するというのを、業界全体でルール化してきています。

キャンセルする方は、致し方なくキャンセルや、もともと悪気は無いという方がほとんどだと思います。

なので、飲食業界の様に、理由をしっかり伝えて行けば(業界全体で)、認知もされてくるのだと考えます。啓蒙活動ですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です